洗浄機ARKIREIは、次のような優れた機能を有しているため、排水管洗浄だけではなく、他の用途でも威力を発揮します。

  • 独特の水排出方式で、汚れを剥離
  • 独自開発の天然素材洗浄剤で高い洗浄力と、殺・防カビ機能を有する

弊社洗浄機ARKIREIと専用洗浄剤の洗浄効果が、通常の洗浄方式と比較して、どれ程の違いがあるかを判断するため、次のような実験を実施しました。

一般的な洗浄方式 洗浄機ARKIREI+専用洗浄剤で洗浄
洗浄方法
  1. エアコンを分解・養生
  2. 高圧洗浄機で熱交換器を洗浄
  3. エアコン内部の汚れを次亜塩素酸ナトリウムで清拭除去
  4. ジプトーン表面カビを次亜塩素酸ナトリウムで清拭除去
  1. 洗浄機ARKIREIで熱交換器を洗浄
  2. 天井付けのカバーを外して、中のローター(円形)を動かしたまま洗浄機ARKIREIで洗浄
  3. 水に溶かした専用洗浄剤を、ジプトーン表面カビに、スプレーし、時間をおいて拭き取る
洗浄後一年間放置後 通常洗浄と次亜塩素酸ナトリウムで清拭除去1年後
洗浄一年後の天井版(ジプトーン)汚染状況は、一年前の洗浄前と同程度まで戻っている。
弊社洗浄機ARKIREIと専用洗浄剤で洗浄1年後
洗浄一年後の天井版(ジプトーン)の汚れぐらいは、肉眼ではほとんど分からない程度

専用洗浄剤のほたて貝殻焼成カルシウムは、高い洗浄力と殺・防カビ機能を持っており、洗浄剤分野の他に食品添加物としても使われている。安全性も高く廃棄後は生分解する。

  • 今回の実験は、同階、同列、同時期の病室での比較
  • 実験時期:2012年夏~13年夏
  • AC洗浄の周期は、洗浄品質の他に、施設の温湿度、埃の量等の影響も受けるため、周期目安を把握するまでには、1年ごとの内部確認(抜粋可)が必要です。
  • 必要に応じ吹き出し空気の浮遊真菌測定も有効ですが、日本医療福祉設備協会の「病院空調設備の設計・管理指針 HEAS-02-2004」の遵守が重要です。